病院

自覚症状が現れたら脊柱管狭窄症かもしれない

背骨の病気

病院

加齢が大きな原因

脊柱管狭窄症とは、腰部の脊柱管が狭窄することで腰痛や下肢の痺れなどを引き起こす病気で、高齢者に好発します。脊柱管とは背骨に囲まれた管腔のことで、その中には神経や血管が通っています。神経は脊柱管の中で枝分かれし、体の各部位へ走行しています。脊柱管が狭窄すると神経が圧迫されるので、腰部や痺れなどの症状があらわれるのです。先天的に脊柱管が狭窄しているケースもありますが、大部分は加齢による背骨の変化が原因です。ただ、若い人でも重い荷物を持つ仕事をしていたり、腰を痛めたこともあったり、長時間運転するような人は脊柱管狭窄症になる可能性があります。脊柱管狭窄症の症状はどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

早期の診断と治療が大切

脊柱管狭窄症の症状は、腰痛や下肢の痺れや違和感を始め、歩き始めると1分〜10分ほどで下肢が重くなり痺れたり痛んだりして歩けなくなるが、腰をおろして休んだり腰を屈めるとまた歩き出せる間欠跛行があらわれます。また圧迫部位によっては、排泄が出ない、我慢できない、陰部のチリチリした灼けるような感覚といった症状が出ることもあります。軽度であれば内服治療や理学療法、コルセットの使用、注射による神経ブロックなどの保存療法で経過を見ます。脊柱管狭窄症により痛みやしびれが強い場合は手術し、脊柱管を広げて神経の圧迫を軽減させる治療が行われます。近年では内視鏡を使った侵襲の少ない手術方法が取り入れられてきています。脊柱管狭窄症は、重症化する前に早期診断を受け早期治療することが望ましいので、下肢の痺れなどの自覚症状があれば病院で診察を受けましょう。

脳の血管の先天性の異常

病棟

脳動静脈奇形とは脳の動脈と静脈が直結している、出血を引き起こすリスクのある病気です。出血するまで無自覚なことが多く、また先天性なので、脳動静脈奇形を抱えていることを知らない人も多くいます。大事に至らぬために必要となるのは、脳ドックと呼ばれる脳の検査です。

読んでみよう

治療不要の脳腫瘍

患者

髄膜腫は良性の脳腫瘍で、近年患者数の増加や検査技術の向上で検出率が上がっています。症状が出ず、治療の必要がない髄膜腫とは対照的に悪性の脳腫瘍は早期発見・治療が不可欠な疾患です。良性と悪性の区別がつきづらいこともあり、しっかりと脳の精密検査を受けておくことが大切です。

読んでみよう

見極めが難しい病気

医療器具

ストレスの多さが自律神経失調症に陥るのではなく、個人差があるため、ストレスとの付き合い方が完治するためのポイントです。また、他の病気にも自律神経失調症と似た症状があり、多くは自律神経に関係するストレスと深い関係があるため、心身の改善がカギとなります。

読んでみよう