病院

自覚症状が現れたら脊柱管狭窄症かもしれない

見極めが難しい病気

医療器具

ストレスが生み出す病気

自律神経失調症はストレスが引き金となって起こる自律神経の機能異常で、精神科や心療内科などで治療が行われています。ストレスには外的要因と内的要因があり、この2つが複雑化して自律神経のバランスが乱れて体調不良を起こしやすくなります。一般的にストレスがない方が良いと思われがちですが、ストレスがなさすぎても不調になる場合も実際に挙げられています。うたれ強い・弱いなど、心と体へのストレス度や耐性には個人差があり、ストレスが蔓延する現代社会では誰でも自律神経失調症になる可能性は否定できないのも実情です。そのため、上手く付き合っていく術を専門医からアドバイスを受けて早期に緩和させたり、何に対してストレスを感じるのかを自覚することで対策を取ることが可能です。

仲間に分類される症状

自律神経失調症と思われる症状でも、特定の臓器や器官に強く症状が現れる場合には、別の診断名がつけられる場合も挙げられています。自律神経失調症の仲間に分類されるのが、気管支ぜんそくや乗り物酔いなどですが、身体的症状の治療だけではなく根本的なストレス原因を探り、適切に自律神経失調症を治療することが重要視されています。例えば、気管支ぜんそくはアレルギー疾患の1つですが、副交感神経が過度に緊張し、交感神経が抑制されて発作が起きるために仲間に分類されています。症状に応じた一般診療科に赴き、検査での異常が見つからない場合、自律神経失調症の可能性を視野に入れて心療内科を受診します。面接や専門的な検査で診断された後は治療に取り組み、最終的には再発を繰り返さないためのストレス解消法を身に付けることが完治と判断されるのも特徴です。