病院

自覚症状が現れたら脊柱管狭窄症かもしれない

脳の血管の先天性の異常

病棟

出血のリスクが高い

脳動静脈奇形とは、脳にある動脈と静脈が直結してしまっている病気です。通常、動脈と静脈の間にあるはずの毛細血管がなく、その代わり異常な血管の塊で動脈と静脈がつながっているのですが、その異常な血管の塊が脳動静脈奇形です。脳動静脈奇形は周囲の脳の組織に影響を与えることがあり、そうなると、てんかん発作を発生させることがあります。ただ、てんかん発作より多いのは、出血です。毛細血管は、血液が流れる圧力を分散させる役割を果たしているのですが、毛細血管がない脳動静脈奇形は圧力が分散されないので、血管に強い圧力がかかります。そうなれば、当然、血管は傷んでしまいますから、破れやすくなるので、出血のリスクが高くなるというわけです。従って、脳動静脈奇形は注意すべき病気なのですが、厄介なのは、自覚症状がないまま出血してしまう場合が多いことです。また、外傷等が原因ではなく、先天性の病気であることも、自分が脳動静脈奇形を抱えていると認識できませんから厄介です。

脳ドックを受けて確認

では、どのようにして脳動静脈奇形を抱えていることを認識すれば良いのかというと、これは検査を受ける他ないと言えます。医療機関では、脳ドックと呼ばれる脳に特化した検査を行っています。脳ドックの検査内容は医療機関によって異なりますが、画像検査であることは共通しています。撮影をして画像化されれば脳内の状況は、かなり正確に確認できますから、脳動静脈奇形を発見することは可能なのです。従って、健康を自負している人でも、一度、脳ドックを受けておいた方が良いと言えます。もちろん、脳ドックは他の脳の病気に関しても有効です。脳動静脈奇形の治療法は開頭手術、放射線治療、カテーテルを用いた脳血管内手術等、色々とありますので、様々な状況に対応することが可能です。